葬儀までの流れ

1.臨終直後

葬儀までの流れ

まずセレ・ナスにご連絡ください。

年中無休・24時間、いつでも結構です。
病院でお亡くなりの場合は、ご遺体を自宅までお送りいたします。

末期の水

新しい筆の穂先か、割箸の先にガーゼや脱脂綿を白糸でくくり、茶わんの水に浸して故人の唇をぬらすようにします。

家族・主だったご親戚に連絡します。

親族や特別な関係の方々にはとりあえずお亡くなりになったことを連絡します。
その際、詳しいことは、決まり次第再度連絡する旨をお伝えしておくのが良いでしょう。

死亡診断書の受け取り

以後の諸手続きに必要となりますので、忘れずに受け取ってください。
ご自宅でなくなった場合は、医師による死亡の確認が必要です。

2.寺院への連絡

寺院への連絡

枕経のお願い

枕経に来ていただく時間をお聞きします。
枕経に必要な品々はセレ・ナスでご準備いたします。

日時の打ち合わせ

通夜・葬儀・(お骨上げ・初七日)などのスケジュールを相談します。
ご親戚や特別な関係の方々に連絡します。
通夜・葬儀の僧侶の人数・送迎・食事などを打ち合わせします。

神棚封じをします。

神棚の戸を閉め白紙で張ります。(49日間)
※セレ・ナスでは寺院の紹介も承っております。
 お寺様とお付き合いのない方は寺院をご紹介します。

3.葬儀の打ち合わせ

葬儀の打ち合わせ

葬儀内容の決定

喪主を決めます。
通夜・葬儀の日時・会館及び式場を決めます。
葬儀の規模と予算を決めます。
世話役、葬儀委員長や主な係を決めます。

主な打ち合わせ内容

遺影写真引き伸ばし 式場の設営
霊柩車・火葬場 受付用具・案内用看板
通夜お供養品 テント・冷暖房設備等
お柩・葬具一式 バス・タクシー
生花・樒、灯籠等の供物のご注文
供花・供物・樒等注文書をご用意いたします。
式服の用意
貸衣裳の依頼をお受けいたします。
通夜ぶるまいの料理・仕上げ料理
通夜のお料理は簡単に召し上がっていただけるお寿司の盛り合わせやオードブルが一般的になっています。
式当日に召し上がる仕上げ料理は松花堂など弁当形式ばかりでなく、一品ずつお出しする会席料理が多くなってきました。
両日のお料理の手配もお任せください。

4.町内会に連絡

町内会長または組長(班長)に連絡します。

通夜・葬儀の日時が決定してから連絡した方が親切です。

5.手続き事項

手続き事項

死亡届に必要事項を記載します。

死亡届は死亡診断書と同一の用紙になっています。
(まれに死亡診断書のみの場合があります。)
ご記入でご不明な点がございましたらご相談下さい。

死亡届の手続きをします。

死亡届の提出に当たっては届け人の印鑑と火葬料金が必要です。

(埋)火葬許可証を受け取ります。

(埋)火葬許可証は保管する人を決めて大切に保管しましょう。